イーサリアム(ETH)の今後は? 特徴・価格・購入方法も徹底解説!

イーサリアム(Ethereum)はビットコインと同じく「仮想通貨」です。一つの仮想通貨の基準である時価総額は1000種類以上の「仮想通貨」の中でビットコインに次ぐ第2位です。(2017年9月現在)仮想通貨としてのイーサリアム(Ethereum)の通貨単位はイーサ(Ether)ですが、それ以外にユーザが独自に定義した契約(スマートコントラクト)・財産を扱うことができる柔軟性の高い仮想通貨です。また契約はチューリング完全な言語により記述することができ、中央機関なしに契約を自動執行できます。ただし契約の執行には複雑さに応じたイーサを支払う必要があります。このイーサはマイナーの収入となります。イーサリアムはビットコインと同様に、採掘(プルーフ・オブ・ワーク)によって新規発行されていますが、将来的にはプルーフ・オブ・ステークに移行することになっています。ビットコイン取引所の中でイーサリアムを取り扱う取引所はとても多く、イーサリアムは次世代のテクノロジープラットホームとして注目を集め続けています。

目次
イーサリアムの価格
イーサリアムの始まり
イーサリアムの特徴
イーサリアムの上限枚数
イーサリアムの購入方法
イーサリアムのマイニング方式
イーサリアムが買える取引所はこちら
Zaif(ザイフ)
CoinEx(コインイーエックス)
bitFlyer(ビットフライヤー)
QUOINEX(コインエクスチェンジ)

イーサリアムの価格(2018年8月時点)

時価総額:第2位
時価総額:約4兆6243億円
通貨単位:ETH
取引開始日:2015年
1ETH=

発行上限枚数:理論上無限
承認アルゴリズム:Proof of Work ,Casper
参考:「CryptoCurrency Market Capitalizations」
https://coinmarketcap.com/all/views/all/#JPY

イーサリアムの始まり

イーサリアムは2013年にヴィタリック・ブリテンという人物によって設計が始められました。
2014年7月には販売が開始され、2015年頃から日本の仮想通貨取引所でも取引がスタートしました。

2014年にスイスに設立された「イーサリアム財団」という非営利団体によってイーサリアムプロジェクトが調達した資金は管理されており、イーサリアムの開発は「ETH DEV」というVitalik Buterin(ヴィタリック・ブリテン)を始めとする開発者によって行われております。

今ではETH DEVを始めとする開発者は世界中に存在し、日々イーサリアムの開発を進めております。貢献した開発者には報酬が与えられ、そのインセンティブもあり開発は次々と行われております。

イーサリアムは開発者チームは存在しますがビットコインと同様に中央管理をする団体は存在しません。
ビットコインにも開発者チームがいるのと同様にイーサリアムにも開発者チームが存在するだけです。

世界中に分散された端末(ノード)によって構成されるP2Pネットワークシステム(中央で管理するサーバーのないシステム)です。

イーサリアムの特徴

アプリケーション作成の?プラットホーム

「決済システム」が主のビットコインに対し、イーサリアムは「アプリケーション作成の?プラットホーム」です。イーサリアムのブロックチェーンを利用して誰でもアプリケーションを作成する事ができます。その為、イーサリアムは「世界のコンピューター」と比喩される事があります。イーサリアムのプラットホーム「EVM(Ethereum Virtual Machine)」はそのような役割を目指します。ビットコインのブロックチェーンを利用してアプリケーションを作成する事も可能ですがイーサリアムはビットコインよりも柔軟に設計されている為により幅の広いアプリケーションを作成することが可能です。元々の設計理念が「ブロックチェーンを利用した柔軟なアプリケーション作成プラットホーム」なのでこのような設計になっております。

チューリング完全を目指すイーサリアム

イーサリアムでは「チューリング完全」 というプログラミングで応用が可能なプラットホームを目指します。チューリング完全とは簡単に言えば何でもできるプログラミングの事で応用の限定されているビットコインとは逆の性質を持ちます。

イーサリアムの上限枚数

ビットコインは、2,100万BTCまで発行されることが始めから決まっています。すなわち、2,100万BTCまで発行した後は、使用可能なビットコイン量が徐々に減っていくことになります。

その理由は、以下のユーザーが多数いると予想できるからです。

ウォレットを紛失してしまい、バックアップもない
・スマホやパソコンを壊してしまい、バックアップもない
ビットコインの所有者が亡くなり、遺族はそのビットコインの存在を知らない
・その他いろいろ

一方、イーサリアムは最大発行量をどうするのか、決まっていません。
今後決定されることでしょう。

イーサリアムの購入方法

イーサリアムを購入できる取引所・販売所は以下の通りです。それぞれの取引所に長所がありますが、取引所形式で販売しているZaifは手数料を抑えて安く購入できます。その他、使い勝手やサービスの充実度、ご自身がどのように取引所を使っていきたいのかに合わせて選択しましょう。

Zaif
(ザイフ)
取引手数料の安さは国内取引所No.1!ビットコイン積立てもできる取引所!
取引所CoinEx
CoinEx
(コインイーエックス)
世界初のビットコインキャッシュ(BCH)が基軸の今注目の取引所!独自通貨CETトークンが話題沸騰!
bitFlyer
(ビットフライヤー)
国内ユーザー数・国内ビットコイン取引量日本一!使いやすくて初心者でも安心の取引所!
QUOINEX
(コインエクスチェンジ)
人気のリップルもネムも取扱いあり!国内で唯一QASHも買える今注目の取引所!
Binance
(バイナンス)
取引高世界一!取扱いアルトコインの種類の多さと手数料の安さは他を圧倒!
coinexchange
(コインエクスチェンジ)
草コインで一攫千金を狙う人なら必ずは持っておきたい取引所!手数料も安くて一律、プラットフォームも見やすい、使い勝手はNo.1!
Yobit
(ヨービット)
草コインの宝庫!レンディングサービス「InbestBox」で貸し付けもできる!他にも仮想通貨を賭けてダイスゲームで遊ぶゲームモードも。
BitMEX
(ビットメックス)
レバレッジ倍率最大100倍!しかも追証なし!ビットコインFXするなら世界最大の取引量を誇るビットメックス!
Binance(バイナンス)の会員登録はこちらから
Zaif(ザイフ)の会員登録ページはこちら
CoinEx(コインイーエックス)の会員登録ページはこちら
bitFlyer(ビットフライヤー)の会員登録ページはこちら

イーサリアムのマイニング方式

イーサリアムのマイニング方式はProof of Workですが、変更される予定です。その名をCasper(キャスパー)といいます。Proof of Workよりも効率的なシステムになる見込みですが、現在はまだ変更されていません。

イーサリアム買うなら、わしも使ってるZaifもしくはCoinExQUOINEXも!

QUOINEX