アルトコインの特徴・買い方

当サイトで紹介しているアルトコインの特徴・買い方を紹介した記事をまとめてみました。通貨を選ぶときにご参考ください。

目次
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
オーガー(REP)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
ダッシュ(DSH)
ネム(XEM)
リスク(LSK)
モナコイン(MONA)
モネロ(XMR)
ジーキャッシュ(ZEC)
ドージコイン(DOGE)
ビットコインキャッシュ(BCH)

アルトコイン

アルトコインは、ビットコイン以外の仮想通貨を総称する言葉です。英語の「Alternative Coin(代替の通貨)」からとられています。

ビットコインの欠点を改善するために開発されたアルトコイン
特定の分野で使うための特徴を盛り込んだアルトコイン

など、世界には1,000以上のアルトコインがあるといわれており、それぞれのアルトコインで大きく特徴が異なります。

ビットコイン以外の仮想通貨はすべてアルトコインなので、リップルイーサリウムはもちろん、リスクネオもぜーーんぶアルトコインの一種です。

このページでは、当サイトが紹介したそれぞれのアルトコインの記事をまとめて掲載しています。「どの通貨を買おうかな?」と迷っている方は、気になった通貨の記事を読んでみてくださいね。

このページの紹介内容・アルトコインの名称(記号)
・現在の時価総額とBTC建の価格
・紹介記事のリンク
紹介するアルトコイン一覧

それではどうぞ!!

イーサリアム(ETH)


名称
Ethereum(イーサリアム)
通貨単位
Ether(ETH)
リリース日
2015年7月
発行上限
なし
取引承認システム
PoW(PoSに移行予定)
開発
Ethereum Foundation
詳細解説
>>ETHの詳細

 

イーサリアムが購入出来る販売所/取引所

取引所選びのPOINT!
●リスクを抑えETHの積立投資をするならZaifで決まり!

イーサリアム(ETH)の概要

イーサリアムは発表当時は19歳だったヴィタリック・ブテリンによって提唱された、イーサリアムプロジェクトというブロックチェーンを使ったプロジェクトです。

イーサリアムの通貨単位はイーサ(ETH)が使われています。

イーサリアムは「スマートコントラクト」と呼ばれる、ブロックチェーンに契約内容を取り込む技術を採用しています。

このイーサリアムで使われているスマートコントラクトが数多くのICOでも使われています。

イーサリアムクラシック(ETC)


名称
Ethereum Classic(イーサリアム クラシック)
通貨単位
ETC
リリース日
2016年7月
発行上限
※2億1000万ETC
取引承認システム
PoW(Ethash/Casper)
開発
Ethereum Foundation
詳細解説
>>ETCの詳細

 

イーサリアム クラシックETCが購入できる取引所/販売所

ETCを購入できる取引所一覧
CoinEx(コインイーエックス)
bitFlyer(ビットフライヤー)
取引所選びのPOINT!
● 今注目の取引所!CoinEx(コインイーエックス)

イーサリアムクラシック(ETC)の概要

イーサリアムクラシックは、イーサリアムから分裂した仮想通貨です。

イーサリアムクラシックは、イーサリアムが2016年6月にTHE DAO事件でハッキングを受けた際にハードフォークして「イーサリアムクラシック」と「イーサリアム」に分裂しました。

前のブロックチェーンの流れを受け継いだものが「イーサリアムクラシック」で、まったく新しいものとして作られたのが、現状の「イーサリアム」になります。

イーサリアムクラシックはイーサリアムから分裂した暗号通貨なので、特徴はイーサリアムとほぼ同じになりますが、開発のコアメンバーはヴィタリックをはじめ、ほとんどがイーサリアムに従事しています。

オーガー(REP)


名称
Augur(オーガー)
通貨単位
REP
リリース日
2016年10月
発行上限
11,000,000REP
取引承認システム
開発
Jack Peterson
詳細解説
>>REPの詳細

「未来予測市場」をターゲットにしたアルトコインで、胴元のいない保険やギャンブルなどを実現することを目的に開発されています。

Augur(オーガー)REPが購入できる取引所/販売所

REPを購入できる取引所
Binance(バイナンス)
取引所選びのPOINT!
● REPの取引手数料を安くするなら海外取引所のBinance

ライトコイン(LTC)


名称
Litecoin(ライトコイン)
通貨単位
LTC
リリース日
2011年10月
発行上限
84,000,000LTC
取引承認システム
PoW
開発
Charlie Lee(チャーリー・リー)
詳細解説
>>LTCの詳細

 

Litecoin(ライトコイン)LTCが購入できる取引所/販売所

取引所選びのPOINT!
● 日本円でLTCを買うならbitFlyer!

ライトコイン(LTC)の概要

ライトコインはビットコインを金で例えるならライトコインは銀というコンセプトの中、実用性に優れた通貨として開発された仮想通貨です。

ライトコインの大きな特徴は認証時間の速さで、ビットコインが10分かかる中、ライトコインはビットコインの1/4の2.5分で認証できるように作られています。

またsegwitが実装済みで、マイニングにかかるコストもビットコインと比べて大幅に少ないので、マイナーからも人気の暗号通貨です。

ライトコインはビットコインの弱点を補う形で作られた仮想通貨なので、様々なところで仮想通貨決済として取り入れられようとしています。

リップル(XRP)


名称
Ripple(リップル)
通貨単位
XRP
リリース日
2012年
発行上限
1,000億XRP
取引承認システム
PoC(Proof of Consensus)
開発
Ripple Labs.,Inc
詳細解説
>>XRPの詳細

国内でも有数な人気アルトコインです。処理スピードが速く、銀行間の国際送金で活躍することが期待されています。

Ripple(リップル)XRPが購入できる取引所/販売所

リップル(XRP)の概要

リップルは国際送金を主な目的とし、取引処理が超高速という特徴を持ったブリッジ通貨です。

中央に管理者がいない他の仮想通貨とは違い、リップルはリップル社が中央集権となり、XRPを主権的に稼働させているのも大きな特徴です。

金融機関や銀行などが取引相手なので、次々と大企業との提携を発表していることでも話題を呼んでいます。

価総額ランキングでもビットコイン、イーサリアムに続く第3位に位置付けしています。

ダッシュ(DSH)


名称
Dash(ダッシュ)
通貨単位
DASH
リリース日
2011年10月
発行上限
18,900,000DASH
取引承認システム
PoW(PoSe)
開発
Evan Duffield
詳細解説
>>DASHの詳細

 

Dash(ダッシュ)DASHが購入できる取引所/販売所

DASHを購入できる取引所
CoinEx(コインイーエックス)
Binance(バイナンス)
取引所選びのPOINT!
● DASHの取引手数料を安くするなら海外取引所のBinance

ダッシュ(DASH)の概要

DASHは匿名性の高さと取引スピードの速さを特徴とした仮想通貨です。

通貨単位はそのままDASHと記載し、総発行枚数は1,890万DASHと決められいます。

認証にかかる時間は約1.4秒と非常に早く、マスターノードによる認証方式はProof of Service(PoSe)と呼ばれているものを採用しています。

匿名性を維持するために、プライベートセンドコインミキシングを使って、誰が誰に送ったかを分からなくする仕組みを取り入れています。

ネム(XEM)


名称
NEM(ネム)
通貨単位
XEM(ゼム)
リリース日
2015年3月
発行上限
8,999,999,999XEM
取引承認システム
PoI
開発
Utopianfuture
詳細解説
>> XEMの詳細

速い処理速度と開発しやすいアプリのプラットフォームがウリのアルトコインです。国内でも「nem bar」や「nemche」など、NEMを応援する有志が各方面で活躍しており、ファンの多い通貨の1つです。

NEM(ネム)XEMが購入できる取引所/販売所

XEMを購入できる取引所
Zaif(ザイフ)
Binance(バイナンス)
取引所選びのPOINT!
● XEMを買うなら日本円で購入できるZaif(ザイフ)で決まり!

ネム(XEM)の概要

ネムはNEW ECONOMY MOVEMENTの頭文字を取ってNEM(ネム)と呼びます。

通貨単位はXEM(ゼム)と記載します。総発行量は8,999,999,999XEMでロックされており、マイニングではなくハーベスティングという特殊な新規発行形態をとっています。

ネムはビットコインで採用されているマイニングのように一部のマイナーが富を独占できないように、PoI「Proof-of-importance」というシステムが採用されており「富の再分配」とも呼ばれて注目を集めています。

リスク(LSK)


名称
Lisk(リスク)
通貨単位
LSK(LISK)
リリース日
2016年5月
発行上限
なし
取引承認システム
DPoS
開発
Lisk Foundation
詳細解説
>>LISKの詳細

イーサリウムやネオと同じくプラットフォーム系のアルトコインです。開発言語に「JavaScript」を採用したことで多くのプログラマーが開発できるようにし、「誰でもブロックチェーンに触れられる世の中」をめざしています。

LISK(リスク)LSKが購入できる取引所/販売所

LSKを購入できる取引所
bitFlyer(ビットフライヤー)
Binance(バイナンス)
取引所選びのPOINT!
● LISKの取引手数料を安くするなら海外取引所のBinance!
● LISKを日本円で買うならbitFlyer

リスク(LISK)の概要

Liskはビットコインやライトコインようなデジタル通貨そのものではなく、イーサリアムのような「スマートコントラクト」を使ったプラットフォームの名称です

LISKの通貨単位はLSKまたはそのままLISKと記載します。発行上限はなし。

2016年5月24日にリリースされ、開発はマックスコーディック氏とオリバーベドウズ氏が「Lisk Foundation」(リスク財団)という会社を共同設立して研究・開発を行っています。

LISKの大きな特徴として、ブロックチェーンのメインチェーンとは別にサイドチェーンを使用していること、プログラミング言語にJavascriptを使用していることが挙げられます。

モナコイン(MONA)


名称
Monacoin(モナコイン/モナーコイン)
通貨単位
MONA
リリース日
2014年1月1日
発行上限
105,120,000 MONA
取引承認システム
PoW
開発
詳細解説
>>モナコインの詳細

国内発のアルトコインで、リップルやネムに並んで日本国内で人気があります。かつてはネタコインだと思われたモナコインですが、SegWitの導入やアトミックスワップの成功など、技術面でも他に引けを取らない進捗を魅せています。

Monacoin(モナコイン)MONAが購入できる取引所/販売所

MONAを購入できる取引所
Zaif(ザイフ)
bitFlyer(ビットフライヤー)

モナコイン(MONA)の概要

モナコインは掲示板サイトの「2ちゃんねる」から生まれた日本発で日本初の仮想通貨です。

モナコインのアイコンにもなっている猫のイラストは、2ちゃんねるのAA(アスキーアート)のモチーフにもなっている「モナー」からきています。

モナコインのブロック生成時間の間隔は約90秒と早く、SegWitが既にアクティベート済みなのも特徴的です。

モナコインは、特有のユーザーコミュニティーが既に形成されています。Twitter上では登録必要なしの「tipmona」を利用して、ツイートするだけで残高の確認やモナコインの送金なども無料で行うことができます。

日本ではモナコインを実際に使用できるリアル店舗やネットショップも存在します。

モネロ(XMR)


名称
Monero(モネロ)
通貨単位
XMR
リリース日
2014年4月18日
発行上限
PoW/Crypto Night
取引承認システム
PoW
開発
Monero Project
詳細解説
>>XMPの詳細

 

Monero(モネロ)XMRが購入できる取引所/販売所

取引所選びのPOINT!
● XMRの取引手数料を安くするなら海外取引所のBinance

モネロ(XMR)の概要

Monero(モネロ)はエスペラント語で「コイン」という意味を持つ匿名性に優れた仮想通貨です。

モネロはビットコインのソースコードを基にせず、Bytecoinという仮想通貨のCryptoNoteと呼ばれる匿名性特化のプロトコルを利用しています。

またMoneroはCryptoNightというアルゴリズムを採用し、ワンタイムリング署名という独自の技術により匿名性に長けたアルトコインとなっています。

XMRの発行上限はなし、ブロック生成間隔は2分でブロックの容量を大きく上げることができるので、スケーラビリティ問題に直面しにくい優秀な通貨です。

ジーキャッシュ(ZEC)


名称
Zcash(ジーキャッシュ)
通貨単位
ZEC
リリース日
2016年10月28日
発行上限
21,000,000ZEC
取引承認システム
PoW
開発
Zcash Foundation/Zooko Wilcox
詳細解説
>>ZECの詳細

 

Zcash(ジーキャッシュ)ZECが購入できる取引所/販売所

取引所選びのPOINT!
● ZECの取引手数料を安くするなら海外取引所のBinance

ジーキャッシュ(ZEC)の概要

Zcash(ジーキャッシュ)とは匿名性に非常に優れた仮想通貨で、「送金元」「送金先」「送金量」「送金履歴」を全て匿名にするゼロ知識証明という特殊な技術を採用しています。

ジーキャッシュの通貨単位はZECで総発行量は2,100万ZEC、認証時間は2.5分、アルゴリズムはEquihashと呼ばれるメモリ量対策が取られたPowになります。

匿名性の仮想通貨は他にも、モネロやダッシュがありますが、匿名性という点では最も優れた通貨になります。

ジーキャッシュの匿名性の技術は世界最大手銀行のJPモルガンや暴露サイトのウィキリークスなどが採用したことでも注目を集めました。

ドージコイン(DOGE)


名称
Dogecoin(ドージコイン)
通貨単位
DOGE
リリース日
2013年
発行上限
上限なし
取引承認システム
PoW
開発
Billy Markus
詳細解説
>>DOGEの詳細

 

ドージコインDOGEが購入できる取引所/販売所

DOGEを購入できる取引所
CoinEx(コインイーエックス)
取引所選びのPOINT!
● 今注目の取引所!CoinEx(コインイーエックス)

ドージコイン(DOGE)の概要

ドージコイン(Dogecoin)は2013年12月に公開された仮想通貨です。お遊び暗号通貨としてスタートしましたが、その後人気が拡大し、現在では代表的な暗号通貨の一つとなりました。

ビットコインキャッシュ(BCH)


名称
Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)
通貨単位
BCH/BCC
リリース日
2017年8月1日
発行上限
21,000,000BCH
取引承認システム
PoW
開発
詳細解説
>>BCHの詳細

 

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)BCHが購入できる取引所/販売所

BCHを購入できる取引所
Zaif
CoinEx(コインイーエックス)
取引所選びのPOINT!
● リスクを抑える積立投資をするならZaifで決まり!
● 世界初!BCHが基軸の今注目の取引所!CoinEx(コインイーエックス)

ビットコインキャッシュ(BCH)の概要

ビットコインキャッシュはビットコインからハードフォークで2017年8月1日に誕生した通貨です。

通貨単位はBCH/BCCで総発行枚数はビットコインと同じ2100万BCHです。

ビットコインから派生した暗号通貨なので、基本的な作りはビットコインと同じになります。

ビットコインと大きく異なるところは、ブロックサイズが最大で8MBという点と、Segwitが未実装、セキュリティの向上が挙げられます。

ビットコインキャッシュは性能や拡張性がビットコインよりもはるかに上だと認知が広がっています。

▽当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキングはこちら!
※リスク回避のため、大切な資産は複数の取引所に登録して分散するようにしましょう!

【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さは国内取引所No.1!ビットコイン積立てもできる取引所!

  
【2位】CoinEx(コインイーエックス)

世界初ビットコインキャッシュ(BCH)が基軸の今注目の取引所!独自通貨CETトークンが話題沸騰!

  
【3位】QUOINEX(コインエクスチェンジ)

人気のリップルもネムも取扱いあり!国内で唯一QASHも買える今注目の取引所!

  
【海外一番人気!】Binance(バイナンス)

取引高世界一!取扱いアルトコインの種類の多さと手数料の安さは他を圧倒!

  
【今大注目!】BitMEX(ビットメックス)

レバレッジ倍率最大100倍!しかも追証なし!相場下落時にも利益を出せるビットコインFXするならココ!