IOU

IOUとは

IOUとは、“I owe you(あなたに借金をしています)”の略語のことで、仮想通貨の世界で借用証書を意味します。ゲートウェイが約束した金銭的価値の権利を持つか、約束したサービスを履行する権利を持ったことを証明します。また、保有者に利息を払うなど債権者名簿として利用することが出来ます。

▽当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキングはこちら!
※リスク回避のため、大切な資産は複数の取引所に登録して分散するようにしましょう!

【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さは国内取引所No.1!ビットコイン積立てもできるおすすめ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

国内ユーザー数・ビットコイン取引量日本一!使いやすくて初心者でも安心の取引所!

【3位】QUOINEX(コインエクスチェンジ)

人気のリップルもネムも取扱いあり!国内で唯一QASHも買える今注目の取引所!

【海外一番人気!】Binance(バイナンス)

取引高世界一!取扱いアルトコインの種類の多さと手数料の安さは他を圧倒!

【今大注目!】BitMEX(ビットメックス)

レバレッジ倍率最大100倍!しかも追証なし!相場下落時にも利益を出せるビットコインFXするならココ!

リップルにおけるIOU取引

仮想通貨としてのリップル(XPR)は、“ゲートウェイ”と呼ばれる業者を通し、法定通貨やビットコインなどと交換することができます。ゲートウェイ内に預金を入れることでIOU(ゲートウェイが顧客から引き受けた預金に対して発行される借用証書)が発行され、その預金を引き出すことでIOUは消滅します。これを「IOU取引」と言います。ご自身がゲートウェイに預けた通貨や仮想通貨が、ゲートウェイによってIOUされ、リップルネットワークで扱える通貨(疑似通貨)としてウォレットへ送られる、と考えるとわかりやすいでしょう。

リップルを買うならココ!「bitFlyer」「Binance
bitFlyer(ビットフライヤー)の会員登録ページはこちら
Binance(バイナンス)の会員登録はこちらから

IOUのメリット

ビットコインなど通常の仮想通貨は、コインそのものをアドレス間で移動させるため、ブロックチェーン上にトランザクションを記入し、それを承認するマイニングを行います。そのマイニングには労力と時間を要するため決済に時間がかかる上、マイナー手数料が多くかかります。ビットコインの場合、10分かかる送金がリップルの場合わずか数秒で可能に。IOUを用いると手数料が安くなり、時間も短縮することができるのです。

IOUのデメリット

価値が守られるかどうかはIOUを発行したゲートウェイ次第といえます。IOUを発行したゲートウェイが約束を守らなければ価値がなくなります。IOUを所持していたとしても「現物」は所持していないため、IOU発行元に元手がない場合は、その価値がゼロになってしまうのです。ゲートウェイの”信用”の上に価値が成り立っているというわけです。このようにIOU発行元が十分な資本を保有しておらずIOUが無価値になってしまう可能性をカウンターパーティーリスクと言います。

↓↓↓ 国内取引所おすすめBEST3! ↓↓↓


QUOINEX